• 手ぬぐい
  • 町家手拭 「舞妓さんの花かんざし・冬」

  • 商品番号:2104001026019

  • 販売価格 1,760円 (税込)

  • 購入数

舞妓さんの花かんざしシリーズ。舞妓さんはかんざしを毎月変えはります。上から順番に、12月(南座のまねき)、1月(寒菊に鶴と松)、1月(梅に笹と糸巻き)、2月(梅)の時に挿される花かんざしを配しました。
12月になりますと京都五花街の舞妓さんは南座顔見世出演俳優さんに花かんざしのまねきにサインをいれてもらいます。もし12月中に舞妓さんを見られる機会がございましたら花かんざしをご覧下さい。

info

〜永楽屋の手ぬぐいについて〜



「永楽屋の手ぬぐい」はオリジナルの木綿生地を使っています。ケバの少ない上質な糸を昔ながらの織機を使って、国内で時間をかけて丁寧に織っています。織りあがった生地はきめが細かくなめらかな肌触りです。

永楽屋の手ぬぐいは主に、日本の代表的染技法のひとつである、友禅染で染めています。図案をもとに色の数だけ型を作り、一枚一枚丁寧に色を重ねていきます。発色が鮮やかで美しく、手拭の存在感を引き立たせています。





〜手ぬぐいのお手入れについて〜

手ぬぐいは江戸の昔より小巾木綿で作られていて、長さ方向は様々な用途に対応するため、切りっぱなしになっています。そのため、使用しているうちに横糸が少しずつほつれてきますが、何度かお洗濯いただくと馴染んでまいります。ほつれてきた横糸は無理に引っ張ったりせずに、はさみで余分な糸をカットしてください。


〜お洗濯について〜

洗濯機などのたっぷりの水で洗って下さい。濃い色の商品は色落ちする可能性がございますので、他のものと分けてお洗濯下さい。
長時間の浸け置きや濡れたままの放置、生地が重なった状態で干したりしますと色移りの原因となります。洗濯後はすみやかに形を整えて陰干ししてください。