• 手ぬぐい
  • 町家手拭 京の年中行事四月「島原太夫道中」

  • 商品番号:2104000004018

  • 販売価格 2,200円 (税込)

  • 購入数

昭和の初期、1年間に百柄以上製作していた永楽屋の手ぬぐい事業部「百(もも)いろ会」。その中で昭和10年に製作したデザインを復刻したものです。 島原は日本で最も古い歴史を持った花街です。芸事に優れ教養豊かであった太夫の姿が描写されています。現在でも太夫道中は年に何度か行われてますが、4月では吉野太夫花供養での太夫道中が有名です。

info

「京の年中行事」シリーズ

昭和の初期、1年間に百柄以上製作していた永楽屋の手ぬぐい事業部「百(もも)いろ会」。その中でも最高傑作と言われる「京の年中行事」シリーズ。 このシリーズは、日本画家の中島荘陽(なかじまそうよう)氏による京都の年中行事を描いた100点以上もの作品の中から永楽屋の年中行事シリーズとして各月1枚ずつの京都の年中行事を染めたものです。(昭和10年)


――「京の年中行事」――