• 手ぬぐい
  • 町家手拭 京の年中行事八月「松ヶ崎題目踊」

  • 商品番号:2104000008016

  • 販売価格 2,200円 (税込)

  • 購入数

昭和の初期、1年間に百柄以上製作していた永楽屋の手ぬぐい事業部「百(もも)いろ会」。その中で昭和10年に製作したデザインを復刻したものです。 五山送り火「妙」「法」のふもと、松ヶ崎の涌泉寺で行われる「松ヶ崎題目踊り」は日本最古の盆踊りとも言われています。手拭いに描かれているのは、右手に扇子を持ち題目音頭に合わせて人々が踊る場面です。

info

「京の年中行事」シリーズ

昭和の初期、1年間に百柄以上製作していた永楽屋の手ぬぐい事業部「百(もも)いろ会」。その中でも最高傑作と言われる「京の年中行事」シリーズ。 このシリーズは、日本画家の中島荘陽(なかじまそうよう)氏による京都の年中行事を描いた100点以上もの作品の中から永楽屋の年中行事シリーズとして各月1枚ずつの京都の年中行事を染めたものです。(昭和10年)


――「京の年中行事」――