• 手ぬぐい
  • 町家手拭 「教訓大黒舞」

  • 商品番号:2104001122018

  • 販売価格 1,728円 (税込)

  • 購入数

永楽屋四代 隆穀によって江戸中期につくられた家訓「教訓大黒舞」を手ぬぐいにデザインしました。当時としては非常に珍しいかぞえ歌形式になっています。

info

「教訓大黒舞」

一に 一るいむつまじう

二に 二志んへかうかうし

三に 衣食住おこるなよ

四に 四おんをわするなよ

五に 五常を守るへし

六つ 無常をくはんすへし

七つ なんにも苦にすなよ

八つ 病ひのないやうに

九つ 公儀の法を守り

十て 徳に入りならは

これぞまことの大こく


現代語訳

一に、一族仲良くし

二に、両親に孝行し

三に、衣食住を贅沢するな

四に、四恩(一切衆生の恩・父母の恩・国主の恩

    ・三宝(仏・法・僧)の恩=仏教の思想)を忘れるな

五に、五常(仁・義・礼・智・信の五つの道徳)を守りなさい

六に、無常(この世の中は常に移り変わり、何一つとして

    永遠不変なものは無いということ)をよく理解しなさい

七に、何も苦労だと思うな

八に、病気をしないようにして

九に、世の中のルールを守り

十に、徳(品性)をつんでいけば

これぞ本当の大黒(=商売の神様)である。


永楽屋四代 隆穀によって江戸中期につくられた家訓「教訓大黒舞」を手ぬぐいにデザインしました。