風呂敷の使い方 風呂敷の使い方

風呂敷の使い方

風呂敷はものを包んで持ち運んだり、保管をするために日本では古くから使われてきました。この一枚の布には、包む以外にもさまざまな用途があります。 永楽屋のオンラインショップでお取扱いしている風呂敷は綿素材のものが中心です。 綿は結びやすく丈夫なので、重たいものでも安心して包むことができます。 しっかりと結べるので、結び方を工夫してバッグとしても楽しめます。結ぶ位置を変えると中に入れる物の量や大きさ、 重さに柔軟に対応できます。結びをほどけば布に戻るので、汚れた時には気軽に洗えるのも便利です。 小さめサイズの小風呂敷はお弁当包みやランチョンマット、ひざ掛けにも使えます。ブックカバーやボックスティッシュカバーにアレンジすれば毎日の生活に取り入れられます。

折りたためば小さくなるので近所のお買い物やおでかけの際に持ち歩いたり、インテリアとしてテーブルクロスや額に入れて飾っていただくのもおすすめです。 下記では大風呂敷・小風呂敷使い方を一部ご紹介いたします。 お気に入りの一枚を見つけて、ぜひ風呂敷を活用してみてください。

風呂敷の結び方

基本の結び方:ひとつ結び

流れを見る
  • 1.風呂敷のひとつ結び1

    角を生地の裏側が見えないように内側に折ります

  • 2.風呂敷のひとつ結び2

    さらにもう一度内側に折り、真ん中で半分に折ります。

  • 3.風呂敷のひとつ結び3

    輪を作ります。

  • 4.風呂敷のひとつ結び4

    輪の中に先端を通し、引っ張り出します。

  • 5.風呂敷のひとつ結び5

    形を整えて出来上がり。

基本の結び方:真結び

流れを見る
  • 1.風呂敷の真結び1

    先端を持って右側(または左側)を手前にして交差させます。

  • 2.風呂敷の真結び2

    結びます。

  • 3.風呂敷の真結び3

    左側(または右側)を手前にして交差させます。

  • 4.風呂敷の真結び4

    もう一度結びます。

  • 5.風呂敷の真結び5

    両端を引っ張ります。

  • 6.風呂敷の真結び6

    形を整えて出来上がり。

風呂敷の包み方

基本の包み方

流れを見る
  • 1.風呂敷の基本の包み方1

    裏側を上にして風呂敷を広げ、対角線上の中央に包むものを置きます。

  • 2.風呂敷の基本の包み方2

    手前の角をかぶせます。

  • 3.風呂敷の基本の包み方3

    奥の角も同じようにかぶせ、余った部分を下に巻き込みます。

  • 4.風呂敷の基本の包み方4

    左右の角を持ち上げます。

  • 5.風呂敷の基本の包み方5

    真結びしたら出来上がり。

―大風呂敷―

#01.リーフバッグの作り方

大風呂敷で包むリーフバック
流れを見る
  • 1.リーフバックの包み方1

    表側を上にして、風呂敷を広げます。

  • 2.リーフバックの包み方2

    対角線で三角形に折ります。

  • 3.リーフバックの包み方3

    両端をそれぞれひとつ結びします。

  • 4.リーフバックの包み方4

    表側が外に出るようにひっくり返し、結び目を袋の中に入れます。

  • 5.リーフバックの包み方5

    残りふたつの角を真結びして出来上がり。

#02.リングバッグの作り方

大風呂敷で包むリングバック
流れを見る
  • 1.リングバックの包み方1

    表側を上にして、風呂敷を広げます。

  • 2.リングバックの包み方2

    対角線で三角形に折ります。

  • 3.リングバックの包み方3

    両端をそれぞれひとつ結びします。

  • 4.リングバックの包み方4

    表側が外に出るようにひっくり返し、結び目を袋の中に入れます。

  • 5.リングバックの包み方5

    残りふたつの角をギュッと下まで結びます。

  • 6.リングバックの包み方6

    先端同士を真結びして、持ち手を作ったら出来上がり。

#03.フラワーバッグの作り方

大風呂敷で包むフラワーバック
流れを見る
  • 1.フラワーバックの包み方1

    裏側を上にして、風呂敷を広げます。

  • 2.フラワーバックの包み方2

    角を生地の裏側が出ないように細く折って、ひとつ結びします。

  • 3.フラワーバックの包み方3

    残りの角も、それぞれひとつ結びします。

  • 4.フラワーバックの包み方4

    隣り合ったふたつの角を真結びして持ち手を作ったら出来上がり。

―小風呂敷―

#04.ボックスティッシュの包み方

小風呂敷で包むボックスティッシュ
流れを見る
  • 1.ボックスティッシュの包み方1

    裏側を上にして風呂敷を広げ、真ん中にティッシュ箱を置きます。

  • 2.ボックスティッシュの包み方2

    aとbを寄せて、

  • 3.ボックスティッシュの包み方3

    真結びします。

  • 4.ボックスティッシュの包み方4

    同様にc、dも真結びします。

  • 5.ボックスティッシュの包み方5

    形を整えて出来上がり。

#05.ブックカバーの作り方

小風呂敷で包むブックカバー
流れを見る
  • 1.ブックカバーの包み方1

    上図のサイズに風呂敷をたたみ、その上に本を置きます。

  • 2.ブックカバーの包み方2

    風呂敷を中心線で折り本にかぶせ、余った部分を外に折り返します。

  • 3.ブックカバーの包み方3

    いったん開いたあと裏返し、本の高さに合わせて上下を折ります。

  • 4.ブックカバーの包み方4

    先に折ったほうに挟み込んで整えます。

  • 5.ブックカバーの包み方5

    本を入れて出来上がり。

#06.ペットボトルの包み方

小風呂敷で包むペットボトル
流れを見る
  • 1.ペットボトルの包み方1

    裏側を上にして風呂敷を広げ、ペットボトルを寝かせて置きます。

  • 2.ペットボトルの包み方2

    aとbをペットボトルのフタの下で一回ギュッと結びます。

  • 3.ペットボトルの包み方3

    上で真結びします。

  • 4.ペットボトルの包み方4

    裾を整えてかぶせ、ひっくり返します。

  • 5.ペットボトルの包み方5

    端同士を前で真結びして出来上がり。

――包み方で使用している
風呂敷はこちら
――